綺麗になりたい

綺麗になりたい!ダイエット 健康 美容

Read Article
リコピン美活習慣

加齢臭予防をしたいなら活性酸素を抑えること

中年男性として悲しいのはなんとっても『臭い』と言われること。
それも前に『オジン』ってつくとさらに悲しくなります。

仕草や言葉ならまだいいですが、ホントに臭い、つまり加齢臭だとしたら悲しい、などと言っていられません。

この加齢臭の元がノネナールであることが最近、判明しました。

不飽和アルデヒドの一種で、実際、肌の表面についた汗から油っぽい青臭いニオイが漂います。

これ、脂肪酸の一種であるパルミトレイン酸と過酸化脂質が反応することで発生する物質で、これが皮脂腺から汗と一緒に出て加齢臭となるわけです。

これまで説明してきたように、過酸化脂質は活性酸素と細胞膜が結合してできる物質。

つまり活性酸素の発生をできるだけ抑えることで加齢臭も少なくなっていくということですね。

中年以降にこのニオイが出るのはやはり脂質が増えたことにより抗酸化作用が落ちて過酸化脂質が大量に発生することが原因。

また仕事のストレスにより男性ホルモンが大量分泌し、その際に活性酸素が異常発生することが上げられます。

中年以降になると、よけいに緑黄野菜を取った方がいいですね。

それが無理な人は活性酸素を除去する『リコピン美活習慣』で加齢臭の元を絶ってくださいね。

ちなみに加齢臭、男性だけでなく女性でも発生していますので、笑っていないでご注意を。