綺麗になりたい

綺麗になりたい!ダイエット 健康 美容

Read Article
リコピン美活習慣

メタボ対策の前の基礎知識

最近では、メタボ対策に関心が集まっています。

メタボリックシンドロームという言葉が広く知れ渡り、メタボ対策に関心が集まっていますが、何から取りかかるべきでしょう。

メタボの対策を立てるためには、メタボがどういうものなのか知らないとなりません。

メタボが体に及ぼす悪影響について把握することが、メタボ対策の意識向上にもつながります。

内臓脂肪が体内に蓄積され、高脂血症や肥満症、高血糖、高血圧などのうち2が定められた数値をオーバーしていると、生活習慣病であるメタボであると判断されます。

この生活習慣病になる直前の状態を、予備軍と呼んでいます。

高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満症への対策がメタボ対策となるわけです。

1歩手前の状態の人の事をメタボ予備軍と言います。

メタボになる理由としてあげられることは、食生活の偏りや体に悪い生活習慣、運動不足などです。

特に生活習慣の改善はメタボ対策に効果的です。

子どもと大人とでは、メタボの判断基準は異なります。

日本肥満学会にはメタボの基準がもうけられており、男性は腹囲85㎝、女性は腹囲90㎝です。

腹囲の基準を満たした上で、かつHDLc、血糖値、血中脂肪、血圧など幾つかの項目にあてはまる人がメタボリックシンドロームと診断されます。

子どものメタボについては、厚生労働省の指針から増えていることがわかります。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*