綺麗になりたい

綺麗になりたい!ダイエット 健康 美容

Read Article
リコピン美活習慣

しわ取り化粧品の効果としわの原因

しわが増える原因と、しわを増やさないための化粧品との関わりについてです。
しわとは、皮膚の老化現象によって目立つようになります。
老化の原因は歳月の経過と紫外線の影響です。
紫外線には2種類の光があり、しわになるのはUV-AでなくUV-Bとなるでしょう。
肌の弾力を保つコラーゲンは、真皮層まで届いたUV-Bの影響で細かく破壊され、エラスチンの状態を変えてしまいます。
弾力がなくなった肌は、たるみやすくなりしわとなって表れます。
一方UV-Aはメラニンを作り日焼けの元となります。
コラーゲンの繊維にダメージを与えるコラゲナーという酵素は、UV-Aによって作られます。
真皮層にまでは来ませんが、しわの原因にはなっています。
肌に紫外線が届かないようにするには、UVカット効果のある化粧品や日焼け止めクリームを使って肌を紫外線から守ることです。
時間の経過によって肌の弾力が失われる理由としては、皮膚から水分が失われて弾力をなくしたり、女性ホルモンの関係などがあります。
皮膚に蓄積された負担が、しわを作ってしまうというわけです。
皮膚にはケラチニゼーションという作用が発生しており、28日を一周期として古い細胞と新しい細胞が入れ替わっています。
しわ取り化粧品を使うことで、ケラチニゼーションをきちんとした状態に保ち、古くなった皮膚が速やかに入れ替わるようにします。
しわ取り化粧品は、真皮にまで及ぼされた影響に関しては作用しないことも多いですが、しわが肌表面のものてあれば使うことの意味はあります。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*