綺麗になりたい

綺麗になりたい!ダイエット 健康 美容

Read Article
リコピン美活習慣

健康食品の販売に関する法律

健康食品を販売するには、様々な法律を守らなければなりません。
健康食品に関する法律とは、食品衛生法や特定商取引法、計量法、薬事法、健康増進法、JAS法があります。
健康食品は食品に分類されているため、薬事法によって薬のような効能書き表示はできません。
また、薬事法で定義かはっきり決められているため、健康食品は医薬品成分を含めず、医薬品としての販売はできません。
栄養表示の方法や表示に偽りをすることの制限、そして特別用途食品、栄養機能食品、特定保健用食品の条件などが細かく定められています。
つまり、健康食品を販売するに際しての分類分けが定められています。
景品表示法では、健康食品販売時の不当表示についての取り締まりがされています。
JAS規格(日本農林規格)と品質表示基準に関わる法律がJAS法です。
原材料表示に際しての遺伝子組み換えについてや、加工食品の品質表示について規定されています。
食品の表示に関しては食品衛生法でも定められています。
飲食による問題を防止するための法律であり、包装容器や輸入、添加物について決められています。
クーリングオフについて詳しく決められている法律が特定商取引法で、通信販売や電話販売で起きうるトラブルへの対策を目的としたものです。
計量法では、正しい計量の実施を確保することが定められています。日本国内で健康食品を販売するなら、これらの法律は守らねばなりません。