綺麗になりたい

綺麗になりたい!ダイエット 健康 美容

Read Article
リコピン美活習慣

妊娠中にダイエットが必要な場合

妊娠中のダイエットは基本的にはするものではありませんが、人によっては医師の指導で妊娠中にダイエットをする方もいます。
妊娠中に過度に体重が増えすぎた場合は、ダイエットで痩せる必要があるのです。
特に急激に体重が増えすぎて妊娠中毒症の症状が出たり、糖尿病にかかることがあります。
妊娠中でも差し障りのない程度に食事量や塩分摂取量をコントロールしてダイエットをします。
よく妊娠中は胎児の栄養もいるので2人分の食事が必要という人がいますが、かなりのカロリーオーバーです。
妊娠中のエネルギー量は母体として2200キロカロリー、胎児の分はプラス300キロカロリーで十分とも言われています。
体脂肪がたくさん蓄積されたために、産道が開きづらくなり難産になってしまうという事例もあります。
医師の指導に従って、極端な食事制限ではなく適切な栄養管理の元でのバランスのいい食事を妊娠中は目指しましょう。
過度な塩分摂取は妊娠中毒症を引き起こしますので、妊娠中の食事は薄味を心がけてください。
出産で物事は終わるのではなく、子育てや真夜中の授乳などで忙しく、大変なことが次々と押し寄せてきます。
子どもを育てていると気づくとダイエットになっていることもあります。
妊娠中の体重増加は10キロ以内であれば、ダイエットを気にする必要はないようです。