綺麗になりたい

綺麗になりたい!ダイエット 健康 美容

Read Article
リコピン美活習慣

多汗症の原因と手術について

多汗症とは特発性手掌足蹠多汗症のことで、気温や運動量とは関係なく大量の汗をかきます。
大量の汗を手のひらや足の裏や顔など一部分にかく、ということが、多汗症の症状としては一般的です。
全身に汗をかく多汗症もあり、日頃は汗をあまりかかない背中や胸などに汗をかいてしまいます。
自律神経のバランスが精神的なストレスなどで乱れ、交感神経が過敏になっていることが、一つの多汗症の原因だといわれています。
近年では手術が、多汗症治療の技術の進歩により、汗をかく部分や症状によって行うことも不可能ではないようです。
どんな対策が多汗症に良いかというと、運動療法や食事改善、ストレスの解消、肥満対策などがありますが、手術が何よりも即効性のある方法です。
受けるかどうか、多汗症の手術にはリスクがつきものなので、よく検討してから決めたほうが良いのではないでしょうか。
多汗症の手術には、ボトックス注射や、塩化アルミニウムを塗るというもの、交感神経切除などの方法があります。
永続性は、ボトックス注射や塩化アルミニウムによる多汗症の治療にはありませんが、効果がずっと続くのは交感神経切除手術です。
手術をした部分とは別な部分が発汗するようになることもあるのが多汗症の手術で、代償性発汗と呼ばれています。
決して、多汗症の手術費用は安いものではないといいます。
カウンセリングを受け、よく考えてから、多汗症対策として手術を受ける場合は決めるようにすることをおすすめします。