綺麗になりたい

綺麗になりたい!ダイエット 健康 美容

Read Article
リコピン美活習慣

純石鹸とは

純石鹸とは、9割以上が脂肪酸ナトリウム、もしくは脂肪酸カリウムでできている石鹸のことです。
油脂に苛性ソーダを加えると脂肪酸ナトリウムとグリセリンになり、そしてこの脂肪酸カリウムが純石鹸になります。
私は以前、石鹸作りに参加したことがありますが、用意したものがてんぷら油や苛性ソーダでしたから、純石鹸は自分でも手作りすることができるかもしれません。

純石鹸と聞くと、私は洗濯機の傍に置いてある石鹸を思い出してしまいます。
今でも、我が家の洗濯機の傍には純石鹸と袋に書かれた石鹸が置いてあります。
そして、泥汚れを落とすときなどに純石鹸を使っています。
ですから、純石鹸で顔を洗ったり、体を洗ったりすることは考えられません。
恐らく、純石鹸で洗濯している家は多いのではないでしょうか。
そして純石鹸で体を洗うなんて考えられないという方もいるでしょう。

しかし、純石鹸は体を洗うときに使うことができるのだとか。
添加物が入っていない純石鹸は、薬事法などの関係で体を洗えるとは表示することができません。
ですから純石鹸で体を洗うことができても、洗濯用として販売されています。
洗濯用の純石鹸を購入すると、成分の表示欄には、シンプルに「98パーセント脂肪酸ナトリウム」と表記されています。
単純に、純石鹸はただの石鹸なので、洗濯用として販売されていたとしても、顔や体を洗うこともできますし、食器洗いにも使うことができます。
そして純石鹸を使ってからだを洗っている方の中には、肌にハリが生まれたという方もいます。
純石鹸を使うと、刺激が強すぎて、肌の必要な水分や皮脂までも取り除いてしまうのではないかと考える方もいるでしょう。
しかし、純石鹸には余計な成分が配合されていないので、刺激が強すぎるということもなく、また、刺激になるような成分も入っていません。
ただ、純石鹸には、一般的なボディソープのように、保湿剤も配合されていません。
本当に、98パーセント脂肪酸ナトリウムで、余計な成分が入っていないのが純石鹸なのです。
ですから、どのような石鹸を使っても満足できなかったという方は、思い切って洗濯用の純石鹸で洗ってみると良いかもしれません。
ただし、肌荒れを感じたら、即座に純石鹸の使用はやめてください。

純石鹸を使うことにあまりにも抵抗のある方は、シャボン玉石鹸に注目すると良いのではないでしょうか。
シャボン玉石鹸では無添加の石鹸が数多く販売しているので、純石鹸に近いものを購入することができます。
また、無香料、無着色、合成成分無添加の石鹸を使えば、純石鹸と同等の効果が期待できるのではないでしょうか。