綺麗になりたい

綺麗になりたい!ダイエット 健康 美容

Read Article
リコピン美活習慣

純石鹸の成分

純石鹸の成分は、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムになります。
洗濯用の石鹸として純石鹸が販売されているのを見かけますが、成分が純粋な石鹸なので、体や顔も洗うことができます。
ただ、どんなに純石鹸で体を洗うことができるといっても、洗濯用と包装紙に記されている石鹸で体や顔を洗うのには抵抗があるでしょう。
私は頑固な泥汚れを落とすために洗濯用の固形純石鹸を使っていますが、その石鹸で顔や体を洗いたいとは思いません。
洗濯しているときに純石鹸を使うだけで、手の油がごそっと落ち、カサカサするからです。
純石鹸を使うと手がカサカサになるのに、顔や体を洗う勇気はありません。
しかし、どのような石鹸を使っても肌に合わなかったという方の中には、純石鹸が良いと感じている方がいます。
純石鹸には余計なものが入っていませんから、肌の刺激の原因となるようなものも入っていないのです。
香料や防腐剤などが入っていないので、純石鹸を使っているという方もいます。
ただ、純石鹸には保湿成分も入っていないので、乾燥肌の方が使うときには注意が必要でしょう。

純石鹸で顔や体を洗うことができるのに、なぜ洗濯用として販売されていることが多いのか疑問に感じている方がいるでしょう。
顔や体を洗うことができるのですから、純石鹸がボディーソープ売り場で販売されていても良いのではないかと考えてしまいます。
なぜ、純石鹸が洗濯用石鹸として販売されるのが一般的なのか、それは薬事法の関係で、化粧品に分類できないからです。
石鹸の包装紙に記されている成分表示に脂肪酸ナトリウム、もしくは脂肪酸カリウムと記されていれば純石鹸になります。
ですから純石鹸を店頭で購入しようと考えたら、袋に記されている成分表示を注意して見てください。

純石鹸には余計なものが一切含まれていませんから、保湿効果を望んだり、良い香りを望むのは間違いでしょう。
顔を洗うときに、保湿効果や引き締め効果といった美容効果を望むなら、純石鹸ではなく、化粧用石鹸を購入したほうが無難です。
また、敏感肌なので余計な成分が入っていないほうが良いと望むなら、純石鹸よりも、保湿効果のある天然成分を配合した石鹸のほうがオススメです。
香料不使用、防腐剤不使用といった肌に優しい石鹸がたくさん登場しているので、肌のことを気遣うなら、純石鹸よりも化粧用石鹸のほうが良いでしょう。
純石鹸のようなシンプルな石鹸がお好みなら、美容効果も望めるそのような石鹸がネット上でたくさん販売されています。