綺麗になりたい

綺麗になりたい!ダイエット 健康 美容

Read Article
リコピン美活習慣

フェイスリフトのデメリット

フェイスリフトにはどういったリスクがあるでしょう。

フェイスリフトを受けることで、加齢と共に増えるしわやたるみを減らすことが可能です。

フェイスリフトは外科手術なので、リスクと無縁というわけにはいきません。

フェイスリフトの多くはメスで切開するので、100%傷になります。

傷はできるだけ見立たないようにつけるのですが、見る人が見たら間違いなくわかるものです。

メスを使わない方法もありますが、メスを使う方が効果が期待できます。

しかし、しわやたるみ取り効果がはっきりしているフェイスリフトほど靭帯や筋肉を動かすため、腫れや痛みを伴うとされています。

他の方法としては、特殊な糸やリボン、プレートなどを皮膚の下に埋め込んで、リフトアップを図る方法もあります。

この方法ならメス不要なものもあり、最小限しか切らずに済む方法もあります。

術後の回復がとても早く、フェイスリフト手術の翌日からは仕事に行けるなど、周囲に気づかれにくいフェイスリフトといえるでしょう。

皮膚を切らずに行うフェイスリフトは皮膚への負担は少ないですがリフトアップ効果は低く、効果も5年から20年程度に留まります。

フェイスリフトを受けたことで顔面の神経を損傷してしまったという事例もあり、表情の変化やまぶたの閉じにくさを訴える方もいるようです。

フェイスリフトのリスクを回避するため、施術実績を積んだ美容クリニックを選ぶようにしましょう。