綺麗になりたい

綺麗になりたい!ダイエット 健康 美容

Read Article
リコピン美活習慣

紫外線や日焼けの防止効果

紫外線対策商品を購入する時に、指針として用いるものとしてSPFという数字が存在しています。

Sはサン、Pはプロテンション、Fはファクターです。

それぞれの最初の一文字をつなげたことばで、紫外線防御指数と日本では言い習わしています。

紫外線カット効果のある化粧品やクリームには、表示欄にSPF10、SPF35といった数字があります。

数が大きいほど、より長い時間肌を紫外線から守ってくれるという意味になります。

夏場に長い時間屋外で何かをしなければならない時は、日焼け止めクリームの中でも特にSPF値が大きなものを選択することが大事です。

SPFだけでなく、PAという用語もあります。

Protection Grade of UVAのことで、こちらも紫外線対策商品に書かれている日焼け止め効果を表したものです。

紫外線A波に対する防御効果がこの数字から判断できます。

UV-A波、UV-B波、そしてUV-C波という3種類の紫外線をそれぞれ別個のものとして考えるものです。

UV-Aは主に生活している間に少しずつ肌にダメージを与える紫外線のことです。

SPFの高い日焼け止めは主に肌が赤くなる原因を防ぐ効果が期待できます。

日焼けで肌が黒くならないようにするには、PAの高い紫外線カット商品がおすすめです。

SPFもPAも紫外線を防ぐ日焼け止めには欠かせない数値なので、商品を購入する際にはしっかりと確認したほうがいいでしょう。