綺麗になりたい

綺麗になりたい!ダイエット 健康 美容

Read Article
リコピン美活習慣

体脂肪の性質

どのような状態になれば、体脂肪の燃焼が起こるのでしょうか。

脂肪が増加するのは、食事の摂りすぎや運動不足などで消費するエネルギーが少ない時です。

体脂肪を増やすのは、使い切れなかった中性脂肪が脂肪細胞に蓄えられたときです。

体脂肪は、皮膚の下にある皮下脂肪と胃や腸の周りに存在する内臓脂肪の大きく2種類に分かれています。

皮下脂肪は貯まりにくく燃焼しづらいという性質があり、内臓脂肪は溜まりやすく、燃焼しやすいという性質があります。

運動で燃焼させる脂肪は、多くの場合は内臓脂肪です。

傾向として、女性は皮下脂肪が多く男性は内臓脂肪が多いと言われています。

緊急エネルギー用の体脂肪である皮下脂肪は、それと共に外部からの衝撃から体を守る効果や断熱作用やがあると言われているのです。

すぐにエネルギーとして燃焼できる脂肪が、内臓脂肪です。

内臓が垂れ下がるのを防ぐ効果が、適度な量であればあるといえます。

内臓脂肪は年を取ると女性でも増加が目立つようになり、増えすぎると動脈硬化や高脂血症の危険性もあるといいます。

お腹が内臓脂肪が増えると前に突き出して見えるようになり、リンゴ型と呼ばれています。

皮下脂肪の増加によって、洋なし型といわれるように下腹部がふくらんでみえます。

どちらの体脂肪にも有効なのが、有酸素運動によって脂肪を燃焼させることです。

ぜひ健康を保つためにも毎日チャレンジしてみましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*